Tag Archives: 広島

にしだ果樹園さん&農粋つかさ庵さんのオーガニック蜜柑

早いもので、もう10月も明日で終わり。今年も残すところ2ヶ月ですね。

今週で、ご予約注文分の「青柚子胡椒の手作りキット」と「敬農吉さんの青唐辛子」の発送が全て完了しました!

長い間、お待ち下さったお客様、

球磨川の氾濫で被災して、農機具も全て流され、比喩ではなく本当に”ゼロからのスタート”で、復旧作業の合間を縫って収穫をして下さった敬農吉の西さん、

西さんの収穫に合わせて青柚子を用意して下さったにしだ果樹園の西田さん、

みなさまに心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

私も無事にお届けできて、心からホッとしております…。

青柚子が熟してきましたので、青柚子胡椒の手作りキットは今季終了とさせていただきます。

敬農吉さんの青唐辛子(と赤唐辛子)は、11月いっぱいくらいまでは収穫できそうですので、引き続き、ご注文受付しております。(入荷次第の発送になります。)
例年12月初旬頃に霜が降りると今季終了となりますので、お早めにご検討くださいね。

さて今回は、冬の味覚「蜜柑(みかん)」のご案内です!

にしだ果樹園さんの月読み完熟蜜柑


今年の10月は一月に二回の満月があり、明日がその満月で”ブルームーン”と呼ばれています。
この満月期に収穫が始まる今季のにしだ果樹園さんの月読み完熟みかん。

月の満ち欠けのリズムを取り入れた、にしだ果樹園さん独自の月読み自然栽培。もちろんのこと、農薬・化学肥料は使いません。
澄んだ空気が流れる果樹園にはたくさんの虫や鳥が集まります。そんな小さな生き物たちを「従業員たち」と呼ぶ西田さんは、果樹園を取り巻く植物や生物と共生し、高め合う農業を目指しています。

果汁たっぷり、くどさのない爽やかな甘さ。ついつい一度に何個も食べてしまって、あっという間に無くなります!(笑)。

農粋つかさ庵さんのオーガニック早生蜜柑

広島県大崎上島の農粋つかさ庵さんからは早生蜜柑が入荷します。

農薬・化学肥料はもちろん、畜産堆肥も使いません。微生物の力で土壌を健全な状態にして、さらに還元水(電解水素水)を使って、果樹の養分の吸収率を高めつつ、酸化ストレスを軽減することで品質の向上、収穫量の増加に役立てています。

VERTがフルーツを扱うきっかけになった農粋つかさ庵さんはレモンが人気ですが、蜜柑も毎年とても好評で、ご年配の方は「昔の蜜柑の味がする」と言われて喜ばれます。

そう…甘いだけじゃなく、酸味もしっかりあって、とっても味が濃い蜜柑なんです。

にしだ果樹園さん、農粋つかさ庵さん、どちらの蜜柑もオーガニック、ワックスも使っていませんので、皮も丸ごと安心してお使いいただけます。お菓子作り、マーマレード作りにもおすすめです。

農薬を使わないので、画像のように表面に傷、そばかすのような斑点がありますが、食用に問題はありません。
また、化学肥料を使わないので、果実の大きさも大小揃いませんが、敢えてサイズ選別をせずに、そのままお届けします。

私が農家さんからよく聞く言葉で、毎回、なんとも言えない気持ちになるものがあります。

「(農薬を)本当は使いたくはないけど、今の方は”綺麗なもの(姿形・大きさ)”じゃないと買わないから」

だから、農薬や化学肥料を使うのだ、と…。

需要があるから供給がある。

消費者の選ぶ基準が変われば、生産者も変われるはず。

見た目がどんなに綺麗で大きくても、虫も鳥も食べない食べ物を、私は食べたくないし、人にも食べさせたくないと思っています。

ルックスより中味重視。

『不均一』は自然界の大切な法則です。

みなさまのからのご注文、お待ちしております!

*文章内の商品名に、オンラインショップへの商品ページのリンクを貼っています。


農粋つかさ庵さんのオーガニック柑橘が入荷しました(すぐに発送できます)

こんにちは。
厳しい残暑が続いていた関西ですが、やっと少しホッとできるような気温になりました。
今朝は今年初の冷え込みだったそうで、ひんやりとした朝の空気が久しぶりに心地よかったですね。

今回は、農粋つかさ庵さんからオーガニック柑橘入荷のご案内です。

青果は「鮮度」を重視しているので予約販売でお願いすることが多いのですが(入荷したらすぐにお届けできるので)今回は入荷済み分を即売いたします。(ただ、鮮度も大切にしたいので数量限定です。)

お支払い確認後すぐに出荷しますので、予約販売が面倒だったみなさま、この機会をお見逃しなく!
農粋つかさ庵さんといえば、まずはこちら!(グリーン)レモンです。

購入された方のほとんどがリピーターになります。

高級レモンの産地として有名な瀬戸内の島々ですが、農粋つかさ庵さんはそのうちのひとつ大崎上島にあります。
島に植えられたレモンの木は、瀬戸内の海風と恵まれた太陽で生まれる寒暖差のなかでゆっくりと果実の熟度を上げていきます。そのため、出荷開始の時期が他の産地よりも遅めなのですが、風味がとにかく抜群なのです。

今年は一回り大きめにしっかりと育ちました!もちろん味も香りも格別です。

お次は早生みかんです!

毎年、農粋つかさ庵さんのみかんは「味が濃い!」と好評です。これを一度食べると他のみかんでは物足りなくなるかもしれません。

まだ表面が青い頃なので、酸味がありますが、甘みもかなりしっかりとあります。この酸味と甘みが、残暑で疲れた身体を癒してくれますね〜。代謝アップにも一役買ってくれます。

みかんは皮に渋みやアクが少ないので、下処理なしで丸ごと使ってマーマレードやお菓子作りに使っていただけます。秋のスイーツ作りにもおすすめの素材ですよ。

最後はすだち

「すだち」は晩夏から今時期だけの初秋の味覚ですね。

例年、量が少なく、一部のお客様だけにご案内していました農粋つかさ庵さんのすだち。
今年はタイミングよく入荷しましたので、数量限定で販売できます!

すだちらしい酸味のなかにもまろやかさがあると、お客様からは大変ご好評いただいております。

皮ごと安心してお使いいただけますので、そのまま薬味としてはもちろん、すだちシロップ作りにも!

また、ジントニックに使うと、レモンやライムとはまた違った美味しさを楽しめます。

表面の傷がやや多いため、通常よりもお安くしています。(画像をご参照ください。)

お味に影響はないので、是非この機会にたっぷりと秋の味覚をお楽しみくださいね。

今回ご紹介した柑橘は、すべて・・・

*農薬・化学肥料 不使用
*畜産堆肥 不使用
*瀬戸内の島で海風と太陽の恵みを受けた露地栽培
*ワックス・フリー

当店で扱う青果は「山採り」を基本としています。大小不揃いとなり、表面に傷やデコボコがあります。

保存中に追熟が進むので、色味が画像よりも黄色くなってきます。

諸々、自然のものですので、どうぞご了承ください。

お買い物はこちらから→Click!!

クレジットカード払いだと、キャッシュレス決済還元対象になり5%OFFです。詳しくはこちらの記事もご確認ください。→Click!!


今季最終分の入荷です。

こんにちは。
あっという間に2019年も4月中旬に差し掛かり、3分の1が過ぎましたね。
春が来たと思った途端に強烈な寒の戻りがあったりして・・・
寒いのが苦手な私としては、軽装で出かけられる日が待ち遠しいです。

さて、とても寂しいのですが2018年度産の青果は、いよいよ終了目前になって参りました。

まずは、農粋つかさ庵さんのレモン!今季最終分が入荷しておます。


広島県大崎上島で、木成りで完熟した露地栽培のものです。もちろん農薬・化学肥料は一切使っておりません!
長い間、自然のなかで木成りさせていたので、表面の傷やでこぼこ、黒い斑点がありますが、食用に問題は全くございません。
また、無選別ですのでサイズもまちまちです。(画像をご参照ください。)

だけど、この個体差こそ自然のものの証、なんです。

太陽を浴びて、厳しい自然環境のなかで土に根を伸ばし、木の力だけで完熟したレモンの風味の良さと果汁の多さはとにかく格別で「たかがレモン、されどレモン!」と使うたびに感じさせてくれます。
お料理の仕上がりが、全然違うのです!

レモンはビニール袋に入れた状態で冷蔵庫で結構長い期間、保存できますし、塩レモン、酢漬けレモン(ドレッシングとして使ったり、煮込み料理に使うとお肉が柔らか。また、はちみつや氷砂糖などで甘みをつけるとそのままドリンクとしてもGOOD!)、絞って果汁を瓶詰めしておけば、冷蔵庫で次のシーズンが始まるまでは持ちます。
(何と言っても、レモン自体が「酸」だから!とっても酸化しにくいものなのです)

そして、ストックが無くなると何だか心許無くなってしまうたから農園さんの生姜!

こちらも今回の入荷分で今季最終となります!

「生姜ってほんとはこんな香りだったんだ!」と思わせてくれる華やかで芳醇な香りと、ピリッとするけどカドのない、まろやかな味わい。

私自身、これを使い出してからは、他を買う気がしないくらいのお気に入りです。

生姜もレモンもお料理に欠かせないものですが、市販のもので安心安全かつ風味が際立ってよいものを見つけるのは本当に難しいもの。

特に生姜は、連作障害に弱いこと、草取りが大変なこと、保管が難しいこと等の理由から、意外なほど農薬の使用が多い作物のひとつです。

たから農園さんは農薬不使用、無施肥の自然栽培をされています。
風味が良いのも生姜自体に生命力がしっかりあるからだと思いますが、保存にも強い気がします。
私は、冬場は冷蔵庫に入れずに新聞紙に包んだ状態でそのまま置いてますが、軽く2ヶ月はもちますね・・・。

生姜は晩秋の頃に収穫されて、土がついたままで湿気と温度管理しながら倉庫で保管され、順次出荷されます。
倉庫といっても、地中にある貯蔵庫で、昔の洞のような場所が多いようです。
つまり、湿気と温度が一定であることが大切。

お家では、新聞紙に厚めに包んで、その上からビニール袋などに入れて野菜室で保存すると、かなり長持ちします。
(温度は低過ぎても高過ぎてもダメなので、新聞紙に包んで、直接、冷気が当たらないようにします。)

レモンと生姜、どちらも今季最終の特別価格で販売させていただきます。

次の入荷は、どちらも今年の秋以降になります。

この機会をお見逃しなく!

お買い物はこちらから → Click!!(VERT オンラインショップへ移ります)