ご予約販売品「VERTおすすめ季節の青果セット&ジョニーさんの平飼い有精卵」

画像は昨年のものです。今年のお野菜とは形状が異なる場合がございます。

こんにちは!
春が来た・・かもしれない土曜日の午後、みなさんいかがお過ごしですか?
昨日の新月は旧暦のお正月「春節」でしたね。
何かお祝いされましたか。

日本では沖縄、そしてアジア各国では、旧暦(太陰太陽暦)を大切にしている場所が多いですよね。
台湾、韓国、香港、マレーシア、シンガポール・・・etc
日本で今の太陽暦(グレゴリウス暦)が使われだしたのは1873年(明治6年)で、たかだか150年ほど前の話で、それまでの長ーい期間は旧暦を使ってきた歴史があります。
しかも、その太陽暦にした理由というのが「明治政府の財政難」で、それまでの徳川幕府では年俸制のお給料を月で割った金額を支払っていたけど、明治政府からは月給制に変わり、そのタイミングで新暦を取り入れることで旧暦と新暦のズレにあたる2ヶ月間分の支払うべき給料を払わなくて済むから・・・という何ともお粗末で自分勝手な理由らしいです。
それを尤もらしくアレコレ言いながら半ば強引に変えてしまったってことですけど・・・なんだか今もそれが続いているような???

ここでいう旧暦とは太陰太陽暦のことで、月の満ち欠けのリズムと太陽の運行リズムを組み合わせたもの。日本を含む農耕民族にとても適した暦なのだそうです。
明治政府の勝手な意向で取り入れた新暦よりも、実は今もしっくりくるかもしれませんね・・。
今年は旧暦をもっと日常に取り入れてみようと思った春節の1日でした。

2月は旧暦名では如月(きさらぎ)です。
衣更着(きさらぎ)とも書き、まだ寒さが残っていて衣を重ね着する(更に着る)月ということです。
残り半月ほどですが寒さ対策をしっかりして美味しいお野菜と卵で体調管理に努めましょうー!

さて、今回は吉田園さんの春待ちお野菜セットジョニーさんの平飼い有精卵のご案内です。
こちらは生鮮品ですので期間限定、ご予約販売品になります。ご了承ください!
(詳しくは各商品説明をご覧ください。)

みなさん、端境期ってご存知ですか?
はざかいきと読みまして、秋冬野菜と春夏野菜の境目の時期のことで、これから4月下旬頃までは極端にお野菜が少なくなります。(春夏野菜から秋冬野菜への端境期もあります。)

農家さんが端境期に続々突入しているなか、吉田園さんから朗報が。
昨年秋の天候不順と冬の寒さで大きくならなかった大根が、やっと収穫できる大きさになったとのこと・・・。キャベツもしかり・・・。

天候不順の結果なので、朗報とばかり言ってられませんが・・・現実として今の時期に安心安全で美味しい無農薬のお野菜が手に入るのはとても嬉しいことですよね。

そこで、吉田園さんの露地栽培のキャベツ、大根、そしてハウス栽培されている春菊、ほうれん草、九条ネギをセットにて販売いたします。

これは今年のキャベツ!!
昨年、食べて感動した吉田園さんのキャベツですが、今年のも葉が肉厚で、冬の寒さを乗り越えてしっかり甘みがのって最高の出来栄えでした。

薬味の存在価値を私に教えてくれた九条ネギ、葉っぱがぴんぴんで甘みのあるほうれん草、香り豊かな春菊、今年の出来栄えが楽しみな大根など・・各お野菜については、詳しくは商品説明に記載しましたのでそちらを是非ご覧くださいね。

端境期の救世主的な今回のお野菜セット、是非ご賞味ください!

<吉田園さん>
吉田園さんは、太平洋に突き出た渥美半島の先端に位置し、黒潮の影響で1年を通じて温暖な地域で2世帯家族で営む農家さんです。
農薬と化学肥料を使わずに、抗生剤・抗菌剤などの抗生物質フリー、GMOフリー飼料で豚を育てている、親戚の吉田畜産さんからの安心安全な完熟畜産堆肥を使用して、お野菜と夏はパッションフルーツを栽培しています。
完熟肥料からくる甘みのある豊かな味わいが特徴ですが、硝酸値は通常のお野菜の10分の1以下ですので安心してお召し上がりください。
お野菜がひとつひとつとても綺麗で丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。

詳しくはこちらから→Click!!( オンラインショップの商品ページにとびます。)

そして、今回初登場のジョニーさんの平飼い有精卵。

昨年の春、友人から「美味しい卵を作る面白い農家さんがいる」と紹介されて卵を送ってもらったのですが、その卵の透明感ある美味しさに驚きました!
卵の味はしっかりあるけど、臭みはなく、とても爽やかで軽やかな後味。
こんなに美味しい卵を作るジョニーさんに是非会ってみたい!と、昨年の夏に農園を訪れました。

ジョニーさんは、ロックを愛するミュージシャン兼有機農家(日本人ですよ!)で、トレードマークのリーゼントヘアとキラキラとよく光る瞳で農業について熱く語ってくれました。

ジョニーさんと奥さんのあゆみさん!

雨風を凌げるビニールハウスを2つに仕切り、ひとつの部屋に約80羽のめんどりと5羽前後のおんどり、もう片方の部屋にひよこを買っています。


餌やりは朝・夕に発酵させたオリジナルの穀物の餌を、昼過ぎには草などの植物を与えます。
いつも何かつつける食べものがある方が落ち着くようで、ストレスが少ないそうです。
量もタイミングも、ジョニーさんがいつも鳥たちの様子を伺いながら決めているとのことで、掃除も水も食べ物も、手入れの行き届いた整った鶏舎では、自由に動き回る鳥たちは元気そのもの!でした。

一緒に行った友人はケージ飼いの養鶏場にいったことがあるのですが、ストレスで鶏が殺気立っていて攻撃的でとても怖いらしく(そりゃそうですよね・・・)ジョニーさんの鶏達の様子とは全然違うと教えてくれました。

ひよこたちは成長し、6ヶ月目くらいから卵を産み始めます。
鶏はボリスブラウンというF1種で卵を産める期間は1年から1年半ほど。その後は採卵率が急激に落ちていくそうです。2世代を同時に飼うことで卵ができない時期がないようにしています。

昨年から、精肉屋さんに頼んでいた親鳥の屠殺&精肉作業を、自分たちでワークショップ形式で行うようになりました。
当たり前ですが、鳥も卵も生命あるもの。(無精卵か有精卵かは関係なく、その時点で「生きているもの」です)
それを有り難く頂く、という気持ちを忘れないためにも大切なワークショップ。
昨年は行けませんでしたが、今年は是非、参加したいと思っています。

鳥達のごはんは、ジョニーさんが車で1時間ほどでいける範囲の(つまり地元の)小麦、米と糠、そして広島市西区で創業60年の削り節専門店の出汁がらを入れてものを、発酵させたオリジナルの飼料と、ジョニーさんの畑で採れた無農薬のお野菜や草です。
鳥の様子を見ながら、夏場や成長期に、時々、淡路島の手作りの天然塩を与えます。

パプリカなどの卵の色に関係するものを故意に与えないので、ジョニーさんの卵の黄身はタンポポのような明るい黄色をしています。食べたものと体調がそのまま卵に反映されるのでその時期によって色合いも味も微妙に違ってきます。


鶏舎の端っこに作られた小部屋には、まさに産まれたばっかりの卵が!
産まれたばかりの卵の殻は薄い膜が張っていて、この膜が外部からの雑菌から卵を守っているんだとか・・・。
しばらくすると膜が乾きますが、洗ってしまうと日持ちが悪くなるということで、ジョニーさんの卵は無洗卵で出荷されています。

ジョニーさんの卵が届いたら、まずは塩だけのたまごかけご飯で食べてみてください。
たまごの自然な甘み、こく、さらりとしたくせのない味わいに感動していただけると思います。

ジョニーさんご夫婦の誠実な人柄と美味しい卵にすっかり魅了されて、是非VERTでも取り扱いたいと申し出たのですが・・量が少なく、すでにキャパオーバーで一度は断念・・・。

しかしながら、2世代が同時に卵を産む今の期間だけ、特別に販売できることになりました!
期間限定&数量限定ですが、是非この機会にお試しください。

詳しくはこちらから→Click!!(オンラインショップの商品ページにとびます)