2017年最初のご挨拶&サバディのオーガニックチョコレート

こんにちはー。
寒ーーーい1日ですね!
一度、外出しましたが、あまりの寒さにすぐ帰宅(笑)。
南国生まれで寒いの苦手です。(笑)

2017年最初のブログです。
すっかり遅くなりましたが
2017年もVERTをご愛顧いただきます様、どうぞ宜しくお願いいたします。 

今年はメールマガジンでのご紹介に力を入れていこうと思ってます。
特に旬のお野菜やフルーツの青果はメールマガジンでの販売をメインで行っていきます。
VERTで扱っている青果はどれも農家さんから直接納品されるのでとてもフレッシュなのですが
それを、更に出来る限りの良い状態でお届けしたいのです。
オンラインストアだと撮影やそれをアップする時間でタイムロスがあり
そして露地栽培の青果はご案内できる期間が限られているので
(そもそも「旬」って10日間しかありません。)
ご注文いただいたときには、その青果はもうないってことが多いのです。

旬の青果のご案内以外にも、 食品やワイン(お酒)について
ブログでは書きづらいこともお伝えしたいと思います。 

VERTのテーマは「食べることは生きること」です。

つまり、生きるために食べた物が身体の負担になるっていうのは本当におかしい状況なんです。

その食べ物(飲み物)の本質を捉えて真っ当に造られた物は食べると身体に負担がなく、身体が喜ぶもので、それが本当の意味での「美味しい!」ということだと思います。

そういったことを(私目線ではありますが)お伝えできるようなメルマガを書いていこうと思っています。

メールマガジンへのご登録はホームページ「お問い合わせフォーム」より
件名に「メールマガジン希望」とお書き添えのうえ、ご送信ください。
「お問い合わせフォーム」はこちら→ Click!! 

さて・・2017年最初にご紹介するのはチョコレート!

これもさっき書いた「本当の食べ物」としては、おかしい現状にありますよね・・・。

大量に使われる精製された砂糖の健康被害
カカオ農園の児童労働問題
大量生産&外見&流通のために使われる添加物の多さ

市販されているチョコレートの原材料表示をちゃんと見てくださいね!
明らかに「それ食べ物じゃないんじゃない?」っていうものが、たっくさん書いてあります。

そして、そのほとんどのものの最初に表記されるのが「砂糖」
原材料のなかで一番多いってことです。
一番の表記が「カカオ(マス)」じゃない・・・ということは「砂糖のなかにカカオを混ぜたもの」だということで、それってチョコレート???
いや「チョコ味の砂糖」 ですよね・・・。

それに、きび砂糖や未精製の砂糖が使われる場合はそう書くでしょうから
そのほとんどが白砂糖(精製された砂糖)。

白砂糖の身体への害については、もう色んなサイトで紹介されてます。

こちらの記事、読んでみてね →  

何がだめって、自然界に存在しないような極度に精製されたものは、身体に負担が大きいってこと。(これ、砂糖だけの話ではありません。油も、塩も、米も、小麦も。)

食べたそのときは美味しいと感じたとしても
後で胃が重くなったり、胸悪くなったり(消化機能への負担)また無性に食べたくなったり(中毒性)太ったり(添加物の害)

何で自分で食べたもので自分の身体を痛めつけるの?

食べることは生きることなのに、これっておかしくない?って思いません?

もう一度書きます。

その食べ物(飲み物)の本質を捉えて真っ当に造られた物は食べると身体に負担がなく、身体が喜ぶもので、それが本当の意味での「美味しい!」ということだと思います。

これをまさに表現して作られているのが今回ご紹介するサバディのオーガニック・チョコレートです。

オーガニック・チョコレートだけでも、百花繚乱のいま。
オーガニックなものでも、はたまたシュガーフリー、乳製品フリーでも
食べるとお腹重くなるものが多くないですか?
私はほとんどのものでお腹がズシっと重くなるし、やや胸焼けします(笑)。
だけどサバディのチョコレートは圧倒的に食後感が軽い!もちろんカカオの風味が絶品で美味しいです。

これ何故かなって自分でも色々なチョコを試してみて、考えて(感じて)みたのですけど

「オーガニック(またはシュガーフリー、または乳製品フリー、またはローフード)」が目的になっているものが多いんじゃないかな

というのは今のところの私の結論です。

サバディのチョコレートを作る目的は、きっと、美味しいもの大好きなイタリア人らしく
「本当に美味しい(=本質を捉えた美味しさ)チョコレートを作ること」

その結果、オーガニック、フェアトレード、ローフード(一部)になったのじゃないかな、と。

サバディのホームページには次の文章が書き綴られています。

我々は、チョコレートを大地からもたらされる産物であると捉えている。
であるから、我々は一切の油脂(カカオバターも含む)も香料もありとあらゆる添加物を使用しない。
使うものはといえば、カカオマス、砂糖、天然のスパイス(ハーブ)、柑橘の皮のみ。

サバディについては以前のブログで詳しく書いてますので、是非こちらもお読みください!Click!


原材料表記の最初は、もちろん「カカオマス」!
ちなみに、エクアドル産の原生種に極めて近いと言われているナシオナル種(アッリーバ)の最高品質ASSSグレードのもので、自然環境との共生を図った有機農業実践し、フェアトレードで輸入されたもの。
砂糖はすべてフィリピンないしパラグアイ産の有機栽培のサトウキビ由来のもの3種とココナッツシュガー1種類を使用。
風味付けに使用されるスパイス類も全てフェアトレードで輸入された有機栽培のもので、柑橘の皮も当然のことながら全て無農薬の柑橘が使用され、収穫当日に皮をむき、極低温で乾燥させたものという徹底ぶりです。

ご紹介するシリーズは2つ

Cioccolato di Modica(チョッコラート ディ モディカ)
トップ画像 上段
各50g / 660円(税別)

全8種類

所謂クラシックなモディカ・チョコレート
カカオを細かく粉砕した後に砂糖とスパイスなどの風味づけ原料と一緒になめらかになるまで混ぜるのみという、スペイン人がその昔にカカオと一緒にモディカに持ち込んだ古代製法で作るチョコレートです。
通常のチョコレートのように口のなかで溶けずに、細かいカカオ豆そのままのサクサク食感とお砂糖がシャリシャリ!ちょっと口で溶かしながら噛む感じで味わっていくと、カカオの豊かな味わいと風味がダイレクトに口のなかに広がります。食感も含めて、これがクセになる美味しさ!!
サバディでは、モディカ・チョコレートのブルームしやすいという欠点を”テンパリング”という行程を加えることで改良しています。これも美味しさの理由のひとつ。
↓ざくざくした感じ、わかるかなー?

<Qualita’ della Vita(クアリタ デッラ ヴィータ)
トップ画像 下段
各50g / 700円(税別)全6種類

“La Qualita della Vita “Salute(クアリタ・デッラ・ヴィータ)”とは「生きていくうえで大切なこと」の意味。
古くから伝えられてきた「6つのカカオの薬効」にちなんで
Salute(健康)、Giovinezza(若さ)、Bellezza(美)、Ozio(余暇)、Sesso(性)、Ottimismo(楽観)をテーマに、それぞれに関連する薬効がある自然素材を組み合わせたチョコレートです。

ブレンドされている自然素材は一見、個性的ですが、味わいとしてきちんとまとまりがあって、どれもとっても美味しい!!
コールドプロセス製法で作られたローチョコレートです。(グルテン・フリー&ヴィーガン対応)

パッケージの素敵さも魅力のひとつ!!

VERTオンラインストアにて販売しております。お得な食べ比べセットもご用意しました!→ Click! 

先日、サバディのチョコレートを使ってケーキを焼いてみたら、これが結構美味しくできまして(嬉)。
卵、乳製品を使わないココナッツオイルを使ったレシピなんですが
簡単&寝かせるほど美味しくなって、そのままだとお子様でもオッケー、
リキュールなどのお酒を染み込ませた大人バージョンもよかったです。
ご紹介できれば、と思いますが・・バレンタインに間に合うかなー(汗)。

頑張ります!